実印を作るのに最も適したタイミングと選ぶときのポイント

実印のススメ

実印とは印鑑登録された印鑑のことです

朱肉と印鑑

実印とは簡単に言えば、印鑑登録された印鑑のことです。手続きは市役所で簡単にできます。自治体によっては印鑑登録カードを発行してくれて、そのカードさえ持っていけば、いつでも印鑑証明が発行されるようになっています。印鑑証明は家や車の購入、連帯保証人、その他公式な証明書の発行時などに必要な書類となります。
では、印鑑証明用の印鑑(実印)は、どのようなものでなければならないのでしょうか。答えは印鑑であればなんでもよい!!です。特に大きさや素材の指定はありませんので、100円ショップの印鑑でも実印となり得ます。ただし、スタンプ系の印鑑は印影が変形するおそれがあるので基本的にはNGとなります。
私が使用している実印は約30年前に購入した象牙製の立派なものです。当時は今よりも裕福であったため、地元の印鑑屋の口車に乗せられて万単位で購入したものです。印鑑屋の講釈では、象牙といっても品質に大きな違いがあり、うっすらと入っている筋が密なほど良く、色も乳白色に近いほうが価値があると言っていました。もし、これが本当ならば通販での購入では品質の確認が出来ないため、それなりのリスクが発生することになりますのでご注意を。

トピックス

高級な印鑑ケース

女性なら下の名前で実印作成を

実印を最初に作るときって、おそらく一人暮らしでアパートを借りるときとかでしょうか。そのころはまだ独身で、名字の実印(例えば山田とか)で作るのがほとんどではないでしょうか。でも、女性の場合結婚する…

朱肉と印鑑

実印とは印鑑登録された印鑑のことです

実印とは簡単に言えば、印鑑登録された印鑑のことです。手続きは市役所で簡単にできます。自治体によっては印鑑登録カードを発行してくれて、そのカードさえ持っていけば、いつでも印鑑証明が発行されるように…

捺印をする

実印に使える代表的な素材

実印を作る際に迷うのは、素材が多くてどれを選べばいいのかわからないということでしょう。ここでは実印に使用する代表的な材質の特徴などを紹介します。まずは代表的な素材でもある象牙で、希少価値…

TOPへ