実印を作るのに最も適したタイミングと選ぶときのポイント

実印のススメ

女性なら下の名前で実印作成を

高級な印鑑ケース

実印を最初に作るときって、おそらく一人暮らしでアパートを借りるときとかでしょうか。そのころはまだ独身で、名字の実印(例えば山田とか)で作るのがほとんどではないでしょうか。でも、女性の場合結婚すると名字が変わります。すると、その実印は登録が破棄されてしまい、また実印を登録し直さないといけなくなります。まだまだ先のことだからとお思いでしょうが、印鑑証明書というものは、なかなか発行する機会もないので、いざ発行してもらうおうと市役所に行き、印鑑カードを使って発行機で手続をしていると「このカードは使えません」という表示が出て、そのとき初めて、「あ、名前が変わっているから、そもそもこの実印は使えないんだ」ということになります。
改めて実印登録をするにはまた手数料がかかります。自分が結婚したり、もしくは離婚したり、女性は名字が変わる可能性が多々あります。ですから、実印を市町村に登録するときは、下の名前で実印を作り、それを印鑑登録することをおすすめします。中には、母親がお嫁道具として、下の名前で作った実印を作って持たせてくれる家庭もあるようです。しかし、父親は無頓着ですね。経験者である母親の方がそういうことは気が利きます。私も娘ができたら、下の名前で実印を作ってあげたいと思います。

トピックス

高級な印鑑ケース

女性なら下の名前で実印作成を

実印を最初に作るときって、おそらく一人暮らしでアパートを借りるときとかでしょうか。そのころはまだ独身で、名字の実印(例えば山田とか)で作るのがほとんどではないでしょうか。でも、女性の場合結婚する…

朱肉と印鑑

実印とは印鑑登録された印鑑のことです

実印とは簡単に言えば、印鑑登録された印鑑のことです。手続きは市役所で簡単にできます。自治体によっては印鑑登録カードを発行してくれて、そのカードさえ持っていけば、いつでも印鑑証明が発行されるように…

捺印をする

実印に使える代表的な素材

実印を作る際に迷うのは、素材が多くてどれを選べばいいのかわからないということでしょう。ここでは実印に使用する代表的な材質の特徴などを紹介します。まずは代表的な素材でもある象牙で、希少価値…

TOPへ