実印を作るのに最も適したタイミングと選ぶときのポイント

実印のススメ

お守り代わりとしても使える実印

印鑑セット

独身の時に実印を作る事をすすめられて作りました。実印は縁起物で持っておくとお守り代わりとしても使えると言われて作りました。私の旧姓は珍しく一文字の旧姓で今も、縁起物として持っています。象牙で案外長持ち実印を作る時に姓名判断をして頂きましたが、本当に良く当たっていました。ビックリしました。実印は丸い円の角の4つが引っ付いてないといけないと聞きました。作る方が、それを知らない方は本当の実印は作れないと言われていました。私は1つ実印を作って頂きましたが無くしてしまいました。なので同じ物を、もう1つ作り直して頂きました。実印を無くすなんて、なんでバカなんだと思いましたが仕方ないから諦めましたが、かなり探しました。
実印は大切な契約などの時に使いますが、最近は実印じゃなくても良いと言われる事が多くて、印鑑でも大丈夫なので実印は持ち歩かなくなりました。結婚して印鑑やさんに行き結婚した姓の名前も作ってもらいました。実印は高いから作れないです。印鑑を使う事のほうが多くて実印は要らないと判断して作りませんでした。保証人になる機会は少ないですが、印鑑でも十分に使えますし便利になりました。たまに取引で実印を主人が使っています。

トピックス

高級な印鑑ケース

女性なら下の名前で実印作成を

実印を最初に作るときって、おそらく一人暮らしでアパートを借りるときとかでしょうか。そのころはまだ独身で、名字の実印(例えば山田とか)で作るのがほとんどではないでしょうか。でも、女性の場合結婚する…

朱肉と印鑑

実印とは印鑑登録された印鑑のことです

実印とは簡単に言えば、印鑑登録された印鑑のことです。手続きは市役所で簡単にできます。自治体によっては印鑑登録カードを発行してくれて、そのカードさえ持っていけば、いつでも印鑑証明が発行されるように…

捺印をする

実印に使える代表的な素材

実印を作る際に迷うのは、素材が多くてどれを選べばいいのかわからないということでしょう。ここでは実印に使用する代表的な材質の特徴などを紹介します。まずは代表的な素材でもある象牙で、希少価値…

TOPへ